ふれあい健康館に臨時エコステーションが開設されます。
開設5周年を迎える市内唯一のエコステーション(城東町)は、便利な施設として利用者が伸び続けています。
「エコステーション、まだ利用したことないわ」という方、ぜひお試しください。

http://www.city.tokushima.tokushima.jp/kurashi/recycle/gomi/gomi_yugai/rinji-ecostation.html

 

先週末、新ホールを一日も早く! 知事に新ホールの敷地として文化センター跡地にある県有地の使用許可を求める署名のスタート集会を開きました。
徳島ギター協会副会長の平岡範彦さんのギター演奏のあと、新ホールをとりまく状況の報告などを行いました。
県都に1000席以上の大ホールがないのは徳島県だけ。文化芸術を楽しむ環境に乏しい状況に、県民市民は置かれています。
まず、計画を前に進めることが必要で、土地の交換先はじっくり決めていけばよいのではないでしょうか。
県有地は県民の土地です。ホールを待ち望む声に応えることこそ、県有地の有効活用になるのではないでしょうか。

昨日行われた、徳島県市議会議員研修会に出席しました。講師の木村俊昭さんより、地方創生や人材育成についてお話がありました。ユーモアをたっぷり交えてのお話に何度も笑い声があがりました。あっという間の1時間。もっとお話を聞きたいと思える講師先生でした。

倉敷民商弾圧事件の無罪を勝ち取る徳島の会 第5回総会が開かれました。
不当逮捕され、428日も拘束された禰屋(ねや)さんから頑張り抜く決意が語られ、小原さんは獄中でつくった曲を歌ってくれました。総会後に交流会。闘いのなかにも笑いや和みあり。
これからも、しっかりと支える仲間として頑張ります。
来月は、「仙台・筋弛緩剤冤罪事件『守大助さんを支援する徳島の会』」第15回総会もあります。

 

新日本婦人の会のお仲間の加治道子さんが句集『山雷』を上梓されました。
「草千里青空千里春浅し」句集の中の一句。
今春、澄みわたる景色が広がるような春にしなければ…!

市議団から市長へ、市全体でごみの減量・リサイクルの取り組みが進むよう、バイオガス化施設の建設をはじめとした燃やさない生ごみの処理方法を早急に具体化することと、ごみの減量・リサイクルの拠点として地域ごとにエコステーションの増設を進めるよう要望書を提出しました。
多家良町でごみ減量・リサイクルの取り組みがありました。ごみ削減は、こういった市民の力が不可欠です。

昨日、おとといは建設労働組合の旗開きと成人式に出席しました。
旗開きは、阿波おどりでさらに活気あふれました。
成人式では、恒例の担任の先生からのメッセージ。みんないっせいに中学生に戻ったよう。

週末は、木曜日定例の朝宣と、四国いっせい宣伝を行いました。外にいると、今年は暖冬だなぁと特に感じます。

 

15日投開票で行われた上勝町の町議選挙では、明本さんが6期目の当選を果たしました。 姿勢の良さ、声の張り、とても86歳には見えません。
選挙の応援では、映画「人生、いろどり」のロケ地となった美しい棚田も見ることができました。

25日は、阿波観光ホテルのクリスタルチャペルにて、毎年恒例の少年少女合唱団によるX’masコンサートがありました。
合唱団を率いる上田先生も89歳。上田先生が奏でるパイプオルガンも聴くことができました。
「早く新ホールを!」という理事さんたちの声もお聞きしてきました。卒団した娘は、今年は観客側。団員時代には分からなかった観客席からの発見もあったようです。

上勝町議選挙はじまりました

17日、上勝町議選挙がはじまりました。22日が投票日です。
86歳明本恵一候補の出発式に参加しました。「闘いとなれば元気になる」明本さん背筋をピンと伸ばし、6期目の議席を勝ち取るため出発しました。

先週末は市民連合の忘年会が行われました。参議院選挙、高知知事選で大健闘した松本けんじさんも駆けつけてくれました。

今年は暖かい冬ですが、朝はやっぱり寒いです。毎週火曜日定例の朝宣伝も上村前県議と続けています。

学習の秋

 18日、若年性認知症支援セミナーに参加しました。子どもが大好きで、教師以外の職は考えられないという若年性認知症の横田さんの講演では、休職せざるをえなくなった理由や、学校での思い出、今の心境などを素直に話してくださいました。
専門家の方々からの助言もあり、いつかは私も認知症という思いで、知っていかなくてはいけないと思いました。

23日は、学校統廃合の問題について学習会がありました。
財政面などいろいろ課題はありますが、やはり優先すべきは子どもたちの育ちだと思いました。

 

禰屋さんの無罪を求めてがんばります

16日(土)、総合福祉センターで「倉敷民商弾圧事件の無罪を勝ち取る徳島の会」学習会が開かれました。
2014年、脱税ほう助の容疑で逮捕、起訴された禰屋(ねや)町子さんと、則武弁護士よりお話がありました。
昨年、広島高裁で脱税ほう助の証拠がないとして「一審有罪判決破棄・差戻し」の画期的な判決が出ました。
国民救援会の活動を通して、冤罪の多さに驚いています。でっち上げの言い分が通る仕組みはおかしい。
徳島からも、差戻し裁判の勝利を求めてがんばります。

 

岐阜市、名古屋市を視察しました

先週、市議団5名で岐阜市と名古屋市を視察しました。
市内20地区でコミュニティバスを走らせている岐阜市の取り組み、名古屋市の国保料減免制度について伺いました。


視察から戻って翌日は、自治体キャラバンに出席しました。
医療、介護、年金、生活保護など社会保障の充実を徳島市と市議会へ要請しました。

朝・夕めっきり冷え込むようになりましたが、木曜日の上村前県議との朝宣もがんばっています。みなさんも体調に気をつけてお過ごしください。

文化の日

飯谷町の文化祭と渋野町の秋祭りに行きました。
飯谷町を題材にしたカルタや、写真、絵画、手芸品などの展示や、歌や楽器、踊りが披露されました。
文化祭を開催できる町ってすばらしいと思います。
渋野町の秋祭りは、市の無形文化財となっている三番叟と御神楽を奉納しました。
少子高齢化、人手不足はどの町も深刻な問題ですが、懸命に伝統を守っています。

徳島市議会議員