徳島市議会3月定例会が閉会しました

 
内藤市長不信任案を提出しましたが、賛成は11人(共産党5人、自民党5人、無所属1人)の少数で否決されました。

公約にしていた対話や市長給与50%削減は守られず、返済見込みのない都市開発(株)への20億円もの貸付。「何とかならんの?」という声が大きくなっています。
都市開発(株)への貸付反対署名は、1か月の短い署名期間でしたが、4,605筆提出しました。

市議会の中で私たちは少数ですが、市民の力で絶対に変えられると信じて頑張ります!

内藤市長は、公約の市長給与50%削減を15%削減にする条例改正を提案する一方で、低所得者の国保料負担軽減の予算や住宅リフォーム助成制度の予算を全額削減。敬老会の補助金も一人340円から270円に削減。介護保険料は増額。市民を向いた市政ではありません。

県市協調ではなく、知事の言いなりです。
小ホールをつくるために、社会福祉センターや中央公民館を解体するばかりでなく、新ホールと接続する新駅を市役所駐車場につくると言い出しました。
社会福祉センターの耐震改修工事は8年前に3,000万円かけて行っています。中央公民館は6年前に5億4,000万円をかけて行ったばかりか、1億1,000万円かけた空調工事は今月完了。
施設をより安全により快適に使ってもらうために工事した施設が、あと2年も経たないうちに解体しようとしています。疑問の声が上がるのは当然です。

今現在、たくさんの利用者がある施設を壊してまで、小ホールや新駅をつくる必要はないと思います。



26日に臨時議会があります

藍場浜公園に突然現れた2,000万円のお城と寝耳に水の20億円の融資。
コロナ禍で多くの市民が困っています。こんな税金の使い方、おかしい。

アミコビルを運営する都市開発㈱への融資について、まちづくり特別委員会と建設委員会が開かれ、傍聴しました。
まちづくり特別委員会には、都市開発㈱の鈴江社長が出席。
委員会で賛否が問われたのは、今年度分10億円の補正予算。
共産党、自民党、無所属の委員は、融資の補正予算に反対の立場で意見を述べました。
融資が必要なら、まずは金融機関に交渉をするのが筋だが、金融機関との交渉はどうなっているのか?
水面下で交渉中としか答えない。
都市開発㈱が業務委託先へ支払っている委託費も答えない。
巨額の血税で融資を行って、万が一都市開発㈱が倒産した場合、市が押さえる担保はない。
委員会資料は前もって配布するよう要望したにもかかわらず、当日に渡され目を通す時間もない。
議員は融資のプロ、審査のプロでもない。短時間で判断できるわけがない。
こんな状況にもかかわらず、多数の委員が賛成。

臨時議会本会議は 26日10時~ 質疑、討論、議員全員で採決を行います。
本会議は市役所南館5Fで傍聴、市内はケーブルテレビ徳島122chで視聴できます。

「倉敷民商弾圧事件の無罪を勝ち取る徳島の会」第6回総会

えん罪と闘っている禰屋(ねや)町子倉敷民商事務局員をはじめ、徳島県商工団体連合会などから訴えがありました。無罪につながる幾つかの証拠を見つけているようです。頑張っている禰屋さんを支えていきます。

印象に残ったのは、国民救援会徳島県本部副会長も務める菊池弁護士のお話しです。裁判官も人間。人間的な弱さを感じることがあるそうです。膨大な資料がある場合などは、楽なほうに流れようとして、きちんと事件と向き合おうとしない裁判官もいるようです。これでは、えん罪がなくなりません。しっかり事件と向き合ってもらうには、傍聴が大事。世論を大きくすることが大事。見られているという意識を裁判官に持たせることが大事というお話しでした。

議会と同じだと頷きながら聞きました。短時間ですが、市議会について古田市議より報告させていただきました。

12月議会閉会。反対討論を行いました。

 【UIJターン保育士応援事業の補正予算】
 この事業の内容は、県外から転入し、徳島市内の私立保育園に正規の保育士として就職する人に一時金50万円を、また県外出身で、県内の保育士養成校を修了し徳島市内の私立保育園に、正規の保育士として就職する人に一時金30万円を支給するとしていますが、支給はたった1回限りです。

 この一時金の有効性について、中国、四国、近畿地方の保育士養成校に対して、アンケートを実施していますが、保育士確保効果があるかという問いには88%の事業者があると答えた一方、学生が移住すると思うかという問いには、移住すると答えた事業者が43%しかありません。 これは、一時金がないよりあるほうがいいというだけで、継続的な効果はないと見ていることは明白です。

 徳島の民間保育士の給与は公務員の1/2から1/3しかなく、全国平均と比べると年収が40万円低いのが現状です。
 保育士が集まらない大きな原因の一つになっています。
 毎月毎月の家賃補助や、県外出身者も県内出身者も分け隔てのない月々の給与アップなどの改善こそ必要です。これは一度切りの一時金では解消しません。
 アンケート調査にも、継続的支援、処遇改善や地位向上が必要という意見が寄せられています。
 給与そのものの底上げで、働き続けられる環境を整えれば、目先の一時金で保育士を募らなくても県内外から保育士は集まります。 保育士さんがやりがいを持って働き、ベテラン保育士が育つ対策こそ、本来求められる保育士確保策ではないでしょうか。
 このような一時的な支援ではなく、抜本的な保育士確保策につながる継続的支援に予算を入れるべきという理由から、この補正予算には反対です。

【徳島市国民健康保険条例の一部改正】
 徴収すべき保険料について、普通徴収の納期を、現行の4月から翌年3月までの12回払いを、事務の効率化を図るために7月から翌年3月までの9回払いにしようとするものです。
 徳島市の国民健康保険料は、県庁所在都市の中で、所得に占める割合が全国一高い状況がずっと続いています。払いたくても払えないのです。それを12回払いから9回払いにすれば、1回に払う金額が1.3倍となり、ますます払えなくなります。滞納者も増えてしまいます。
 文教厚生委員会で指摘すると、9回で払えない人は、徴収しない4月から6月に払うことができるというのですが、3月までに払えなかった人には、滞納通知が送りつけられ、延滞金が発生します。精神的にも物理的にも負担をかけるものです。

【水道事業会計、公共下水道事業会計の補正予算】
 これは、上下水道局庁舎の建設場所を、南前川に移転することを前提としたアドバイザリー業務等の予算のため反対です。 議会で審議を進めてきた幸町の建設場所を、なぜ変更したのかですが、市役所の地下にある受変電設備の移動場所が本庁舎内では難しく、隣接する水道局庁舎の跡地が最適という結論を出したからとのことです。
 市役所周辺は、2mから3mの津波が想定されています。建設委員会の質疑で明らかになったのは、徳島県庁も県内の各市も、本庁舎内の安全な場所に受変電設備を移転させていることです。
 幸町では、7階から8階建ての新庁舎を予定しています。予定どおり幸町に建設すれば、市役所地下の受変電設備を新庁舎に移転することが可能になります。
 しかし、南前川への移転を強行すれば、幸町の跡地に、受変電設備のための高い建物を、別途建設しなければなりません。こんな莫大な税金のムダ使いは、絶対に許せません。

1加戸悟

国際条約「核兵器禁止条約」が発効されます

核のない世界へ前進! ヒバクシャ国際署名に署名してくれた人たちからも、さっそく喜びの声が届いています。
広島・長崎で行われている原水爆禁止世界大会に、長女と一緒に参加したことがあります。
広島の平和記念式典では、渡された献花の瑞々しい重みに、平和のありがたさを改めて感じました。長崎では原爆資料館や浦上天主堂の被爆マリア像を見て、長女は「こんなかわいそうなマリア像は見たことがない」とショックを受けていました。
とても驚いたのは、海外からの参加者の多さ。
米国、中国、ロシア等の核保有国は条約に批准していませんが、確実に世界の流れは核廃絶へ。
何といっても、世界で唯一の被爆国日本こそ、一刻も早くこの流れの先頭に立ってほしいです。

第46回日本国民救援会徳島県本部大会が行われました。

 
17日(土)コロナの中、寒い寒い雨降りの中、県本部大会を無事終えることができました。
徳島県本部は、徳島ラジオ商事件(1953年)で冨士茂子さんの無罪を勝ち取った林弁護士が会長を務めます。今回は、えん罪被害者が救済される最後の砦「再審」についてお話を聞きました。
無罪証拠が隠されたまま有罪が確定するというあってはならないことが起きています。
このことは、救援会が支援しているえん罪事件の多さにも表れています。
仙台北稜クリニック筋弛緩剤えん罪事件の守大助さんを支援する会では、役員が毎週順番に服役中の大助さんにメッセージを送っています。今週は私の番。29歳で逮捕され、49歳になった大助さん。
再審・無罪を勝ち取って、「両親が元気なうちに帰りたい」という大助さんの願いを叶えます。

市の決算審査特別委員会がはじまりました。

令和元年度の決算審査特別委員会が始まりました。公営企業会計は9日から、一般会計・特別会計は20日からです。私は公営企業の審査に加わります。

5つの公営企業、【中央卸売市場、商業観光施設(眉山ロープウェイ、新町・紺屋町・駅前西地下駐車場)、交通局(市バス)、市民病院、水道】について審査します。令和元年度の決算なので、年度末以外はコロナの影響がない年度。気持ちの切り替えに苦労しています。

なかなか投稿できてませんが…… 山田豊県議と火曜日、上村きょう子前県議と木曜日に定例の朝の宣伝を行っています。

今年度の成人式について、文教厚生委員会の委員にお知らせがありました。11月1日の広報とくしまに掲載されます。同時期に、ホームページにも掲載されますのでご覧ください。新成人の皆さんへの通知は11月中旬から送付予定ですが、早めに送付できるよう要望しました。

画像を貼り付けましたが小さいので、Facebookにも掲載しています。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008864073085

保育園整備事業について

今朝の読売新聞です。「保育園の整備事業」を賛成から見直しへと態度を変更した議員さんたちへの公開質問状の回答について。理由に納得できません。

理由①9月議会で報告される予定だった公立保育所の再編計画ができていないことついて、なぜ今ごろになって問題だと言うのでしょうか。後付け理由としか思えません。

理由②定員の拡大が、待機児童数から見て供給過剰になるというという理由について。徳島市は4月1日時点で保育所に申し込んだけれども入れなかった入所保留のお子さんが251人。でも、国の待機児童の数え方では、全員が待機児童になりません。幼稚園や認可外保育所に仕方なく通っている子は預け先があるということで待機児童に数えないなど、ふるいにかけられます。4月1日時点では、待機児童と数えられたのは37人。実態と大きな開きがあります。また、入所希望者が多いので、やむをえず定員を超えて受け入れている子は273人。4月以降は育休明けなどで入所希望がさらに増えて、毎年10月には待機児童が100人ほど増える傾向にあります。保育所を必要としているお子さんは、入所保留のお子さん、定員超えのお子さん、4月以降の入所希望者を合わせると600人を超えてしまいます。来年4月の定員枠拡大は496人。過剰どころか足りないくらいではないでしょうか。

理由③ 今朝の徳島新聞にも「整備する施設の場所変更が3月議会閉会後に報告され、議会を軽視している」と載せられていましたが、土砂災害など防災上の問題で場所が変更された1施設については、変更先が決定後すぐ、所管の委員会の議員に電話で報告がありました。その対応で問題があるのなら、なぜその時点で言わなかったのでしょうか。 今になって、議会軽視というのは、後付け理由としか思えません。

そう思わざるをえないのは、GIGAスクール整備事業との比較です。 3月議会で出されていたGIGAスクール整備事業への国の補助金が、6月議会で約半分に減額されていることが分かりました。 想定額よりも低くなってしまったのが原因ということですが、徳島市に補助金の決定額が示されたのは3月23日。しかし、6月議会まで全く報告がありませんでした。

変更後、すぐ電話報告が入ったにもかかわらず、保育園整備事業だけ議会軽視だと問題視する理由が分かりません。オンライン授業用に、一人1台のタブレット端末を整備するGIGAスクール整備事業は、コロナの影響で国の補助金が前倒しとなったために、検討課題もたくさん残っていますが、国が一斉に進める事業なので、徳島市の子どもたちが取り残されないようにと反対する議員はいません。 待機児童解消のために国が補助金をつけて進める保育園整備事業も、徳島市の子どもたちが取り残されないように進めるべき事業ではないでしょうか。

徳島市議会議員