ごみ処理施設建設に関する市長との意見交換会(飯谷町)

今夜は、最有力候補地の飯谷町で開催。定員90名のところ、ざっと見て参加者は60名くらいだったでしょうか。飯谷町の皆さんからは、環境への影響を心配する声や、なぜ広域なのか、なぜ飯谷なのかという疑問、飯谷以外の候補地を公表してほしいといった意見など、これまでの説明会で出された質問が多く、そのほとんどを市民環境部長と環境施設整備室長が答えました。これまでどおり明確な答えはなく、不満の声が上がりましたが、答えにくくても、やはり市長自身の口から市長の言葉で聞きたかったです。

また、市長が最有力候補地の飯谷町琵琶ノ久保を視察したことについて、市長の感想を逃げずに述べてほしいという質問はスルーされてしまいました。市長は、凍結については現段階で一時中断と発表している。中断期間は未定。ごみ処理施設は日常生活を営む上で必要な施設。皆さんからいただいた意見を参考にしながら今後の事業の進め方を考えていくと、大まかな考えを述べるのみでした。対話というより、説明会の質疑応答という感じでした。

明日は、八多町と多家良町です。皆さんからお聞きした感想は、やっと市長が来てくれた、これまでの説明会と変わらない、市長がもっと答えるべき。何より困ったことに、発言はマイクを使っていましたが、コロナ対策でマスクをしているせいもあって聞き取りにくいが部分が多々ありました。できるかぎり確認したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です