文化センターの存続を求める署名を提出しました。

25日(金)、「文化センターの存続を求める会」の皆さんが、集まった署名2409筆を徳島市へ提出しました。署名は、前回の提出分とあわせて計6031筆になりました。

この日は市役所前で、出勤する職員の皆さんにビラ配布も行いました。約700枚のビラを配布することができました。

徳島市は、文化センターは約30億円で耐震リニューアルが可能だと認めながらも、一方的に文化センターの廃館を発表しました。

文化センターを耐震リニューアルすれば、新町西再開発で新しいホールを建てるより150億円以上も予算を節約することができます。

一級建建築士事務所ひと・まち設計の代表理事をされている石上さんに文化センターを見ていただいたところ、文化センターは、当時としては斬新なデザインできれいな造りをしているそうです。きちんと直せば、美しくよみがえるとおっしゃっていました。

こんな素晴らしい徳島市の財産である文化センターを使わないのはもったいないと思います。

文化センターの廃館宣言は撤回し、耐震リニューアルで一日も早い再開を求めます。

IMG_1055IMG_1057

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です