長岡市のバイオガス発電センターへ

先週は新潟県長岡市の生ごみバイオガス発電センターへ視察に行きました。
生ごみを微生物の働きで発酵、分解して発生するガスを発電に利用しています。
発電の一部は電気自動車の充電に、県内外の方へも無料で提供しています。
ひと月に80台ほどの利用があるそうです。
発電時に発生する熱は発酵槽の保温に利用し、発酵後の残りかすは乾燥させると燃料になるということで、生ごみが全て使えるものに変ります。
長岡市は「ごみは焼却処分しない!」という考えを基本にしているそうです。
さらにバイオガス発電施設の建設費は、ごみ焼却施設の建設費の半分というのは驚きでした。

市役所のつくりも斬新でした。長岡駅前の「アオーレ長岡」というイベント会場と庁舎が一体となっています。
ガラス窓と木の市松模様になっている内部が庁舎になっています。
この日は物産展が開かれるようで朝から人が集まってにぎわっていました。

img_1398 img_1401 img_1416 img_1419 img_1427

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です