ホールの会~パネルディスカッション~とごみ学習会

15日の土曜日、1日も早い「市民のホール」実現に向けて、文化センター存続を求める会主催のパネルディスカッションが行われました。
パネラーの、元北島創世ホール館長の小西さん、元市民コンサート委員長の門田さん、市民会議元メンバーの福永二郎さんから、それぞれの立場でホールへの思いを語っていただきました。
参加者からも、思いの込もった発言がありました。市民の声を取り入れた市民のためのホールづくりが強く求められていることを感じました。

ホールパネルディスカッション

 

14日の金曜日、新婦人の会主催の「ごみ学習会」を行いました。新婦人の会の吉田さんより、3Rやパリ協定などのお話がありました。
私は、徳島市のごみの現状を報告しました。全国的に見ると、徳島市のごみの排出量や処理経費は平均を上回っています。
環境を守り、ごみの焼却費用や焼却施設建設費用を抑えるためにも、ごみの減量、再資源化対策が急がれます。

ごみ学習会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です