釧路市自立支援事業の視察

7月30日に、自立支援事業に取り組んでいる釧路市役所を訪ねました。

2004年度から、生活保護受給母子世帯を対象に自立支援モデル事業への取り組みを始め、2006年度から全ての生活保護受給世帯まで対象を広げました。就労支援や、高校進学希望者向けの学習支援を行っています。今年度からは「生活困窮者自立支援法」が施行されたため、生活困窮者も対象に自立相談支援事業を実施しています。

就労支援では求人倍率が上がって雇用の改善につながったり、学習支援では子どもの居場所づくりや交流の場として大切な役割を果たしているそうです。

徳島市では今年度から、学習支援事業として「学びサポート塾」が始まったばかりです。

IMG_0966CCI20150812_0001

「取り戻す」って何を?

6月28日 第55回徳島県母親大会に参加しました

弁護士 飯田美弥子(八法亭みややっこ)さんの『憲法噺』より

【与太郎】自民党のポスターには「日本を取り戻す」って書いてありますね。ご隠居、あれはどこから取り戻すってえ話なんですか?

【隠居】お前、いいところに気がついたね。あれには大きな声では言えないけれどね、怖い話があるんだよ。

【与太郎】へえ、どんな?

【隠居】自民党は、改憲草案てえのをインターネットで公開してるだろう? あの中に、すぐにはわからないように答えが隠してあるんだな。

【与太郎】もったいぶらずに教えてくださいよ。

【隠居】改憲草案の最後の条文、102条なんだがな。憲法尊重擁護義務てえ中身を定めているんだが……。

【与太郎】今もあるんじゃありませんか?

【隠居】お前、意外に勉強しているね。今は99条に同じ見出しがつけられているんだが、見出しは同じでも中身は大違い。102条のほうは、1項で国民に、いいかい、国民に憲法尊重擁護義務を負わせるんだな、これが。ね、おかしいだろう? 国民は主権者で、憲法をつくれるはずの人たちなのに、つくる人が守らされるってことになるわけだ。

【与太郎】確かに、意味がわかりませんね。

【隠居】改憲派の小林節教授が、立憲主義の否定だと怒っているのもこの点だな。憲法で国民を縛るって考え方は、もう時代遅れもいいところ。フランス革命の前に戻っちまうってわけさ。

【与太郎】なるほど。で、102条には2項もあるんですかい?

【隠居】そう。今の99条と似て非なる条文になっていて、公務員に憲法尊重義務を課すのは同じなんだが、なんと天皇と摂政を削除している。国民を憲法で縛って、天皇および摂政を憲法から解放する……それが何を意味するかわかるか?

【与太郎】天皇は憲法を守らなくてよくて、国民は憲法を守れってことでしょう?

【隠居】そのとおり。要するに、安倍さんはな、大きな声じゃ言えないが、国民から天皇に、日本の主権を取り戻すって言っているのさ。

【与太郎】えええーっ! そりゃあえらいこった。こうしゃいられねえ。急いでポスターに「国民主権から」って書き込まなきゃ。

みややっこ

勝浦町 梅雨の選挙

6月28日投票の勝浦町議選挙で、井出みちこさんの応援に行ってきました。

井出さん、森本さん、ご当選おめでとうございます!

梅雨の晴れ間で蒸し暑かったり、大雨で寒かったり、不安定な梅雨空の下での選挙は本当に大変だと思いました。

応援では、先輩議員や党の先輩方のアナウンスや演説を聞くことができて、とても勉強になりました。

休憩時間は、新鮮な野菜料理をたくさんいただきました(^_^)

そして! 勝浦町には、渋野町にないガソリンスタンドやコンビニ、ホームセンターがありました ……。

6月議会が始まりました

本会議初日は、見田治さんが代表質問を行いました。

文化センター耐震リニューアルを求める人たちで傍聴席がいっぱいになりました。入りきれない人は市役所のロビーで視聴しました。詳しくは見田さんのホームページをご覧ください。

私は、17日(水)10:40~個人質問をします。

子どもの医療費助成制度を中学校卒業まで広げることと、小中学校の普通教室へのエアコン設置について質問します。

ケーブルテレビ(112ch)でも視聴できます。皆さん、応援してください。

平和へ 祈りの歌

ドイツ兵慰霊祭ブログ用 沖縄から帰ってきた翌々日、長女が入団している「徳島少年少女合唱団」が眉山の西部公園で行われた「ドイツ兵慰霊祭」に参加しました。公園内にあるドイツ兵墓地に花と祈りの歌を捧げました。(写真はリハーサル風景です)

慰霊祭は毎年のように、お天気が悪いのですが、不思議なことに歌の途中で陽が差し込む瞬間があります。

今年も朝から小雨が降っていましたが、さっと陽が差す瞬間がありました。

慰霊祭のあと、「今年も晴れ間が見えて、ありがとうって言ってるみたいね。みんなの気持ちが天に届いたのね。」先生の澄んだ声が響きました。

平和は世界共通の願いです。

戦争法案の反対を!

2015.5.14戦争立法反対宣伝 009

駅前で古田みちよ前県議、上村きょう子県議、片田まゆみ小松島市議、上村秀明県委員長と一緒に街頭宣伝を行いました。

徳島市議会の中で数少ない母親議員として、徳島の若者を戦争に送らないよう、憲法9条を守れとうったえました。

戦争立法が私たちの知らない間にどんどん進められています。この法案の狙いの一つは、自衛隊が武器をもって、アメリカと一緒に戦争地域に入る。アメリカが起こすあらゆる戦争に送り込もうとしていることです。

自衛隊も相手から見たら、日本の軍隊でしかありません。二度と戦争しない、武器を持たない憲法9条の精神を壊すことになります。

根深い悲しみと憎しみしか残さない、こういう戦争で国際平和になるのでしょうか。

日本共産党は今すぐこの法案を止めなければならないと訴えています。平和を守るためにはたくさんの声が必要です。憲法9条を守ろう、戦争反対の声を上げたり、署名をや抗議行動など、小さくても一人ひとりが力を合わせることが大きな力になります。

平和は私たち一人ひとりが力を合わせてまもりましょう。

2015.5.14女たちのレッドアクション 023

 

お昼からは、女たちのレッドアクションにも参加し、しゃべらせていただきました。

市議選挙ではお世話になりました

IMG_3093

 

ご報告が大変遅くなりました。

4月26日に投開票された徳島市議選挙で、渡辺あゆみは2328票獲得し、30人中18番目で当選いたしました。

たくさんの応援ありがとうございました。市議団や県議団と力を合わせて、市民の声を議会に届けていくため一生懸命頑張ります。

これからも応援よろしくお願いします。

IMAG0902

こちらは5月1日に行われたメーデー集会の時の写真です。

IMAG0904

 

 

 

徳島市議会議員