カテゴリー別アーカイブ: 未分類

つるぎ町の町会議員選挙が始まりました。

林勇候補が2期目再選の決意を込めて出発のあいさつ。そのあと林候補と選挙カーで地元を回りました。

時折雨が降って寒かったけど、山の上の集落に行くと……初めて見ました「滝雲」雲が山を乗り越えて、滝のように流れる自然現象だそうです。林さんも激戦を乗り越えて当選を!

大崎事件と再審法改正講演会

  徳島弁護士会主催の「大崎事件と再審法改正講演会」に参加しました。
 1979年、鹿児島県大崎町で原口アヤ子さんの義弟・四郎さんが自宅横の牛小屋の堆肥の中から遺体で発見されました。保険金目的の殺人事件として逮捕されたアヤ子さんは、40年以上無実を訴えています。
 アヤ子さんがえん罪となった経緯について、鴨志田弁護士が講演しました。詳しく書かれた本は約700ページ。じっくり読みたいと思います。
 トークセッションでは、再審無罪を勝ち取ったえん罪被害者の青木惠子さん(東住吉事件)と、西山美香さん(湖東記念病院事件)が自白を強要された状況などを話されました。
 客観的な証拠よりも自白を重視したり、検察官が隠して出さない証拠があるなど、えん罪になってしまえば無罪にするのが非常に難しいことを改めて実感しました。

 私は、北陵クリニック事件で逮捕された守大助さんを支援する会で活動していますが、誰でも突然えん罪被害者になり、日常生活を奪われる怖さを知りました。
 誰でもなり得る、えん罪被害者の救済のため、再審法の改正をめざす請願運動にも取り組んでいますが、徳島県では24市町村のうち、8市町の議会で意見書が採択されています。さらに増えるようがんばりたいです。

上八万入田後援会で議会報告会とつどいを開きました

山田節子さんの投稿をシェアさせていただきました。
 しらさぎドームで、議会報告会とつどいを開きました。「日本共産党なぜ100年つづいたのか」23日付の赤旗で志位さんが答えているのを読んで、報告にかえ、入党の時など、歴史の中での私のあの時を2人の方がお話してくれました。
 また、党員ではないが、青年時代に労働組合運動やっていたのでよくわかっているとの話も。
 わたなべ市議は新町西再開発について報告。山田県議は円安物価高騰、統一協会と自民党との深い闇の問題、政治の潮目が変わっていることを話しました。
 ゴミ処理施設のことや、記念オケ問題のことなど質問もたくさん出されました。

シェアさせていただきました

 
Facebook 川原 茂雄さんの投稿をシェアさせていただきました。

FBで見つけた黒柳徹子さんの素晴らしい文章です。是非読んで見てください。
(かわ)

 私が会った子どもたちは、みんな可愛かった。
 笑っている子ども、ふざけている子ども、
 赤ちゃんを、おんぶした女の子、
 さかだちを自慢そうに見せてくれた男の子、
 いっしょにうたった子ども、
どこまでも、ついてきた子ども。
いろんな子どもたちに、会った。
そして両親や姉兄を目の前で殺された子ども、
ゲリラに腕や足を切り取られた子ども、
親が蒸発し、小さい弟や妹を残された女の子、
親友だった家畜が、
 飢えて死んでしまいぼう然としていた男の子、
 家も学校も、すべて破壊されてしまった子ども、
難民キャンプを、たらいまわしにされている孤児たち、
家族を養うために売春する子ども。
だけど、だけど、そんな、ひどい状況のなかで、
自殺をした子どもは、一人もいない、と聞いた。
希望も何もない難民キャンプでも一人も、いない、と。
 私は、ほうぼうで聞いて歩いた。
「自殺をした子は、いませんか?」
「一人も、いないのです」
私は、骨が見えるくらい痩せて骸骨のようになりながらも、
一生懸命に歩いている子を見ながら一人で泣いた。
『日本では、子どもが、  自殺してるんです。』
大きい声で叫びたかった。
こんな悲しいことが、あるでしょうか。
豊かさとは、なんなの?
私がいろんな子どもに会って 日本の子どもに伝えたかったこと。
 それは、もし、この発展途上国の子どもたちを、
「可哀想」と思うなら、
「助けてあげたい」と思うなら、
いま、あなたの隣にいる友達と
「いっしょにやっていこうよ」と話して。
「みんなで、いっしょに生きていこう」と、手をつないで。
私の小学校、トットちゃんの学校には 体の不自由な子が何人もいた。
私のいちばんの仲良しは ポリオ(小児マヒ)の男の子だった。
 校長先生は、一度もそういう子どもたちを
「助けてあげなさい」とか
「手をかしてあげなさい。」とか、いわなかった。
いつも、いったことは、
「みんないっしょだよ。  いっしょにやるんだよ」
それだけだった。
だから私たちは、なんでもいっしょにやった。
誰だって友だちがほしい。
肩を組んでいっしょに笑いたい。
 飢えてる子どもだって、
 日本の子どもと 友だちになりたい、
 と思ってるんですから。
これが、みなさんに、私が伝えたかったことです。
黒柳 徹子

徳島市議会9月定例会が閉会しました

私は本会議質問で、アミコビルの再生について取り上げました。

 アミコビルにある市立図書館など市の施設で、年間で合計約1,709万円の賃貸料が内藤市長になってから値上がりしていることが分かりました。
そごうが経営破綻してから賃貸料の値下げもあるという中で、市の施設は逆に値上がりしています。移転する青少年センターの賃貸料は年間約1億336万円。
これは、市が貸付けた20億円とは別に、税金で返済不要な支援を都市開発に行っているようなものです。
値上がりの理由も「賃貸状況に応じて都市開発が見直している」など、適正な値上げかどうか分かりません。
アミコビルが再生し、20億円の貸付は戻ってくるのか、裏付けとなる肝心な部分を都市開発は「秘密保持の規定」を理由に情報開示しません。
総務委員会で、都市開発の経営に長年携わっている西野副社長の参考人招致を求めましたが、賛成少数で否決されました。
さまざまな疑問の声があるのだから、直接説明を聞くのが一番。なぜ、拒むのか、疑問はますます深まります。

今日の閉会では、市長派議員から一般廃棄物中間処理施設の早期整備に関する決議案が提出されました。施設の早期整備は言うまでもありませんが、出された決議案は施設整備の早い遅い、処理の広域、単独以前の徳島市の信用に関わる内容です。
私は、反対討論を行いましたが、市長派議員の賛成で可決されました。

国へ提出する「核兵器禁止条約への調印・批准を求める意見書」と「女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな批准を求める意見書」は可決されてよかったです。核兵器廃絶に向けた一歩を徳島市も踏み出しました。

バスの運休や減便が続くなどの大きな影響が出ています

開催判断を無視し、阿波おどりを最大規模で開催した責任は大きいと思います。https://news.yahoo.co.jp/…/c13dff44aa56734b39d44ab3450c…

22日現在の減便対象路線時刻表(徳島バスウェブサイトより)https://www.tokubus.co.jp/…/be5b46945badb684cb356aa4e41…

 徳島バスお知らせページ
https://www.tokubus.co.jp/news/detail/684

新町西地区の新たな再開発計画

 市民の力で白紙撤回した新町西再開発事業。
音芸ホールに代わる新たな計画が出てきました。

11階建てのホテルと、14階、15階建てのマンションをつくるというのです。
白紙撤回した音芸ホールのイメージ図と比べても、かなりの高さ。
長年守られてきた眉山の景観が台無しです。

今回の計画は全員同意型で、反対の地権者が施行区域から除外されました。
急ぎ足で進めようとしています。

前計画の施行区域は黄色い部分。今回は赤い網掛け部分です。
歯抜けのように点在する施行区域から外された部分は、営業中の店舗や住宅で空き家はゼロ。
ホテルやマンションが建てば、高いビルに囲まれて営業や生活をしなければなりません。

その町で営業を続けたい、住み続けたいと頑張っている地権者が大事にされない計画で活性化につながるのでしょうか。
除外された地権者は、「再開発に反対ではなく、不透明な計画に反対」と言っています。

19日に市役所で開かれた公聴会を傍聴しました。
意見を述べた市民10人のうち、8人が計画を疑問視しました。

ホテルやマンションは中心市街地活性化につながらないのでは?民間主導の事業に、なぜ公金を投入するのか高いビルが景観まちづくり条例に触れるのでは?
もっと市民の意見を聞くべき
等々、疑問の声が上がりました。

開催判断を守らず開催された阿波おどり

お盆明けの木曜定例の朝の宣伝。画像は訴える上村きょう子前県議です。

国葬は中止して、コロナや物価対策などに税金を使ってほしいです。

コロナの感染者が18日は2,213人と過去最高。19日発表は2,196人。

今年の阿波おどり、産業交通委員会で了承されていた開催判断を守らず最大規模モデルAで押し切って開催されました。